HOME | アフターケア

◆入れ墨を入れることが彫り師の仕事です、入れ墨を入れた後はお客様のアフターケアーにかかっています。
 ◆入れ墨というものは、彫る人と彫られる人の共同作業だと思って下さい。
 ケアーを怠れば汚い入れ墨に、正しくケアーすれば美しい入れ墨になるでしょう。
◆入れ墨を入れてから4時間は、サランラップを外さないで下さい。
◆入れ墨を入れて最初の2~3日はオロナイン軟膏、それ以降は2~3日は
ベビーローション軽く湿らせて下さい。
肌の弱い方様なかぶれが始まってしや、あせものまった方はケアを中止した方が良い場合もありす。
 (コツとしてはオロナイン・ローションの過剰な塗りすぎは禁物です)
◆ガーゼや包帯は、キズにくっ付いてしまうので使用しないで下さい。
◆ひどいカサブタにしてしまうと、色のムラになりやすいのでオロナイン・ローションを適度に軽く湿らせておきましょう。
◆Tシャツやトレーナーなどに傷口がくっ付いてしまった時は、無理に剥がさないで着たままシャワーを浴び、やさしくゆっくりと剥がして下さい。
◆日焼け・海水浴・プール・ サウナ・入浴(シャワーはOK)
※上記は、入れ墨が落ち着くまでの間は我慢して下さい。
◆何か判らないことや、キズが酷い時は彫ひろまでお問い合わせし頂きますが、あまりにもて酷くなってからでは手遅れです。
従って、解らないときはお早めにお問い合わせ下さい。